【キャンパー3】初心者からのソロキャンプやアウトドア等の体験情報

キャンプイメージキャンパー3(キャンパーさん)では、ソロキャンプをスタートした時からの体験を中心に、アウトドア等の体験をご紹介しています。

キャンプ道具や場所に関しましては、あくまで個人的な感想であったりもするので、
参考までにご活用いただければと思います。
初心者時代からの「ソロキャンプ」「キャンプ」「野営」の経験や体験を共有していますので、
お役に立てる情報もお届けできると思います。

これからキャンプを始める方や、これからソロキャンプを始めるかたでも、お役に立てる情報を共有できたらとも思っていますので、
お気軽に、そして今後ともキャンパー3(キャンパーさん)を宜しくお願い申し上げます。 m(_ _)m

ソロキャンプとは

キャンプイメージ(夕暮れ)ソロキャンプと聞くと、一人でキャンプをするというイメージがあると思います。
言葉の通り、1人キャンプですが、その楽しみ方としては、個々に必要最低限の1人用キャンプ道具を持っていれば、集合場所だけ決めておき、仕事が終わった人から各自で向かい、キャンプをみんなで楽しむ形もあります。

私は一度、誰とも約束をせずに一人でキャンプをしましたが、(夏の時期です)
たまたま周りのキャンプ客もいなかったこともあり、夜はすごく寂しく、ちょっと怖かったので早く(20時か21ぐらいだったと思います)寝てしまって、一人宴をあまり楽しめなかったこともあり、それからは2人以上でいくのがほとんどです。

やっぱり私は一人より何人かいた方が楽しいです(笑)
もちろん知人には1人キャンプが好きな方はいっぱいいますので、人によってキャンプの楽しみ方はそれぞれです。
みんなで行っていても、誰にも迷惑をかけず、準備も片付けも自分でやるので、気が楽ですので、ソロキャンプはおすすめです(^^)

ソロキャンプのテント

tent-Mark DESIGNS(テンマク)の炎幕ソロキャンプで流行っているテントは写真の様な1人用のパンプテントというテントが支流です。
(こちらの写真はtent-Mark DESIGNS(テンマク)の炎幕というタイプのものです。)
ですが、ソロキャンプだからといって、キャンプ初心者の知人を誘うこともあると思います。

そういったときは、メンバーの中、もしくは自身が少し大きめの2~3人用テントを持っていれば、初心者の方はシュラフだけでも用意してもらえればなんとかなる、といったケースもあると思います。

2~3人用テントでも安いもので3000円~5000円弱のものもAmazonや楽天市場などで売っているので、1つは持っている方はなにげにいます。
(3000円~5000円のテントは大体が中国製のものなので、購入してから届くまでに2週間ぐらいかかることもまれにあるので、購入される方は届く日を考えて購入された方がいいと思います。)

ソロキャンプの食事

ソロキャンプの特徴としては、食事です。
一般的な家族でいくキャンプは、全員分の食事を大きな鍋を使ってカレーやシチューなどを作ったり、大きな鉄板でバーベキューなどをすると思います。

それに対しソロキャンプの食事スタイルは、基本自分一人分の料理になるので、一人用の鍋・フライパンセット(作る料理によっては2人分は作れます)で、焼肉やすき焼きはもちろん様々な料理をちょこちょこ焼いて食べたりできます。

一人分といっても、ソロキャンプを複数のメンバーで個々に集合して一緒に楽しむ場合も多いので、食べ物をシェアしたりと自由度が高いです。
また、自身の範囲内で行うので、メンバーに迷惑は掛かりませんし、人によって食べるものやスタイルが違うので、それをシェアしたり、見たりして勉強にもなりますし、そういった発見なども楽しみの一つです!

ソロキャンプで寝る時

寝るときは基本一人ですが、もちろん一人ではないパターンもあります。
2人で行くときは、1人がテントを持っていれば、大体のテントは2人で寝れるスペースはあると思います。(ワンタッチのテントは小さすぎますが。。。)
ハンモックを持ってきたものの、現地に行ってみたらセッティングできそうな木が2本なかったりして、ハンモック泊が厳しいといったケースもあると思います。
そういった際のために、事前にどちらかが1~2人用テントを用意しておくことが多いと思いますので、2人でテント泊というケースもありますね。

野営(やえい)とは

野営は、根拠地を出て野外に陣を張って泊まることをいいます。

キャンパーの方々の使い方としては、
有料のキャンプ場ではなく無料で行けてキャンプが可能な場所でキャンプを行う事をいいます。

とりあえず安くキャンプ・ソロキャンプを楽しみたい方や、
もっとサバイバルに近いアウトドアを楽しみたいという人が行き着くのが「野営」だと思います。

また、野営は無料ということもあり、もちろん予約等はできません。
人気の野営場所だと早い者勝ちなので、
場所によっては行ってみていい場所がなかったというケースもあります。

キャンパー3(キャンパーさん)では、カテゴリーの「野営」にて、
野営でキャンプができる場所や、そのキャンプ体験談を紹介していますので、
気軽に参考にしていただければと思います!

新着記事

中津川河川敷(八菅橋の橋下近辺

2018.11.13

2018年11月10日(土曜日)、11日で中津川河川敷(八菅橋の橋下近辺)で…

かわせみ河原で初めてのソロキャ

2018.11.7

2018年11月5日(月曜)の昼から6日まで一泊。 埼玉県のかわせみ河原で初…

脚を外せて高さ調整できる木製テ

2018.11.4

ソロキャンプをしていると、荷物が多くなっていきます。 できるだけ小さくかさば…

三浦(三崎)の和田長浜海岸でソ

2018.11.4

2018年11月2日、3日で三浦半島の和田長浜海岸(わだなはまかいがん)にソ…

中津川河川敷(田代運動公園近辺

2018.10.29

2018年10月27(土曜日)の夕方前から28日で中津川(田代運動公園近辺)…

→ 新着記事一覧